機械設計

機械設計に関わる記事です。

機械設計

機械設計者向けの資格・検定 オススメ5選!!

機械設計者を名乗るために資格は必要ありませんが、設計者なら受験した方が良い資格はいくつもあります。本記事では、機械設計者向けの資格・検定のオススメ5選を紹介します。是非、自己啓発の一環としてチャレンジしてみてください。技術士、機械設計技術者、技能検定、CAD利用技術者検定、計算力学技術者検定・・・etc
機械設計

機械設計の仕事が”ツラい”と感じるあなたへ

機械設計の仕事はツラいことも多いです。機械設計は”未知との闘い”であり、未知である故に設計者は常に”不安”を抱えています。本記事では、私が実践してきた不安を乗り越えるための思考法や対策を紹介します。現役設計者の方は、ぜひ参考にしてください。
機械設計

大企業の機械設計者が抱える“闇“

「大手機械メーカーの設計者」と聞いたら、さぞ立派な設計者だろうというイメージがありますよね、 しかし、そこには大きな誤解があります。大手機械メーカーでは、設計者は設計をしません。 これは一体どういうことなのか・・・わかりやすく説明してきます。 
空気圧

空気圧の基礎〜知っておきたい4つの理論〜

空気圧の取り扱うために理解しておくべき4つの理論を紹介します。ボイル・シャルルの法則、パスカルの原理、連続の法則、ベルヌーイの定理の4つです。知らない人は本記事で勉強してみてください、忘れてしまった人は本記事で復習しましょう。圧力とは、ゲージ圧と絶対圧・・・etc
機械設計

パイプ曲げの”送り寸法”の目安

配管設計時に役に立つパイプ曲げ時の送り寸法(つかみしろ)を表にまとめました。参考としてご活用ください。機械設計をしていれば潤滑、油圧、冷却など、水や油を使った回路を設計することが多々あります。配管設計でよく使用する部品の一つが"パイプ"です。ベンダーの曲げを考慮したパイプの設計ができるとGOODですよ!
機械設計

固定観念を打ち破れ!!図面レス化への道~MBDの取り組み~

MBDとは、モデルベース定義の略です。簡単に言うと"図面は書かずに3Dモデルだけに全ての情報を統合しようよ“という取り組みです。図面は絶対に必要だという「固定観念」に囚われていませんか。今こそ、図面信仰の固定観念から解き放たれるときです。MBDの取り組みを紹介します。MBD:Model Based Definition、3Dアノテーション etc・・・
機械設計

夫婦で例える!!設計と現場のすれ違いアレコレ

私が設計者として働いてきて感じた“現場と設計のすれ違い“をまとめました。設計と現場の関係は夫婦の関係と似ていると思います。今回はそんな設計と現場のすれ違いアレコレを夫婦の問題に例えてわかりやすくお伝えします。これを読んで、あなたも家庭と職場で良質な関係を築きましょう!!
機械設計

この設計は何がダメなの?ー新人君の設計事例ー

新人君が出してきた設計案。個人的には“やってはいけない設計”だと思うんだけど・・・あなたはこの設計、どう思いますか?Twitterで呟いた結果、反響が大きく様々な見解をいただきました。せっかくなので、それらをブログ記事にまとめてみました。
機械設計

やりがち!?あるある機械設計ミス10選

設計者がついついやってしまいがちな代表的な"設計ミス10選"を紹介します。構想設計中のあなた、出図を控えているあなた、これから設計を始めるというあなたも必見です。失敗は成功の元、人の振り見て我が振り直せ。私の設計の失敗から学びましょう。
機械設計

機械設計者の市場価値って何だ?

転職を考えたとき、市場価値(マーケットバリュー)という言葉はよく聞きますね。市場価値とは一体、どういうものなんでしょうか?また、機械設計者の市場価値とは一体なんなんでしょうか?本記事では、市場価値の定義から、その高め方まで簡潔に説明します。
機械設計

機械設計ってどんな仕事なの?

機械設計の仕事がどういうものなのか、現役機械設計者である私がわかりやすく紹介ていきます。フワッとしたイメージはあると思いますが、実際に働いてみないと具体的な内容まではわかりませんよね。機械設計がどういう仕事なのか、どういう魅力があるのかを少しでも理解いただければ幸いです。
機械設計

機械設計者として海外で働いた話

私は、ヨーロッパで機械設計者として働いていました。そのときに感じたことをコラムとしてざっくばらんに書き綴ります。グローバル化という言葉が取り沙汰されて十数年、今では国境を越えて働くこともさほど珍しくない時代となりました。海外ではどのように働いているのか、雰囲気を掴んでいただければ幸いです。
機械設計

安全設計の基本-フェールセーフとフールプルーフ-

どんな機械の設計であっても最も優先されるべきなのは”安全”です。仕様を実現するために、安全を犠牲にすることは許されません。本記事では、安全設計の基本思想であるフェールセーフ(フェイルセーフ、fail-safe)とフールプルーフ(foolproof)について簡単に説明していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました