必読!?機械設計者なら読むべき本オススメ5選~2021~

書籍紹介

今年も残すところ、あと数日。皆さん、今年はどんな一年でしたか?私は今年一年はとにかく“変化”が多い年でした。特に大きく影響したのは転職活動ですね。自分の働き方やこれからのキャリアを考え直すとても良い機会となりました。結果としては、現職に留まるという選択をして、今は部署異動をして新たな仕事に取り組んでいます。去年に引き続き、今年一年もかなり充実した年になったと自負しています。

さて、ここからが本題ですが、今年もかなりたくさんの本を読むことができました。総数はなんの自慢になりませんが、数えてみたところ全部で63冊読みました。ちなみに去年は39冊でしたので、記録更新です。せっかく沢山読んだので、その中から特に設計者・技術者向けにおすすめのモノを5つ厳選して紹介していきたいと思います。去年も同じような書籍紹介記事を書いたんですが、好評だったので今年も書いてみました。ちなみに去年の記事は下記です。

今年の5選も設計者なら必読と言っても過言ではないですよ、気になる本があったら年末年始の愛読書にしてみてはいかがでしょうか?

おまけとして、今年読んだ本全てを独断と偏見で評価してメモを残しておこうと思います。もし興味とお時間あれば最後まで読んでみてくださいね。興味なくても、オススメ5選までは見ておいて絶対損はないですよ。では早速、紹介していきましょう!!

  1. 機械設計者が読むべき本オススメ5選
    1. メカ機構の課題って、どない解決すんねん!
    2. はじめての治具設計
    3. 加工材料の知識がやさしくわかる本
    4. バーチャル・エンジニアリング-周回遅れする日本のものづくり-
    5. 図面って、どない描くねん!
  2. 今年読んだ本~ものづくり関係~
    1. ホンダジェット:開発リーダーが語る30年の全軌跡
    2. 日本の航空産業
    3. Myフライス盤をつくる
    4. 町工場巡礼の旅
    5. 門田先生の3Dプリンタ入門
    6. マツダがBMWを超える日
    7. はじめての工学倫理
    8. ドローンの教科書
    9. Small Factory4.0
    10. 絶対にゆるまないネジ
    11. アリエナイ工作事典
    12. 「食べること」の進化史
    13. 機械加工の知識がやさしくわかる本
  3. 今年読んだ本~自己啓発本~
    1. 幸せになる勇気
    2. 始めよう。瞑想、楽しもう瞑想。
    3. ファスト&スロー
    4. 「具体⇔抽象」トレーニング
    5. 秋本治の仕事術
    6. 藤子・F・不二雄の発想術
    7. 夢をかなえるゾウ
    8. 失敗の本質
    9. 人を動かす
    10. 一流の頭脳
    11. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
    12. コンサル一年目が学ぶこと
    13. バカの壁
  4. 今年読んだ本~プログラミング関係~
    1. すっきりわかるPythonによる機械学習入門
    2. すっきりわかるPython入門
    3. できるキッズ 子どもと学ぶScratch3 プログラミング入門
    4. たった1日で基本が身につく!Git超入門
  5. 今年読んだ本~転職活動~
    1. 働くみんなの必修講義 転職学
    2. 技術コンサルタントとして独立開業して年間1000万円稼ぐ方法
    3. 若者はなぜ3年で辞めるのか?
  6. 今年読んだ本~文章・ライティング~
    1. 沈黙のwebライティング、沈黙のwebマーケティング
    2. 20歳の自分に受けさせてたい文章講座
    3. なんでも図解
  7. 今年読んだ本~小説~
    1. 削り屋
    2. 鋳物屋なんでもつくれます
    3. 下町ロケット
    4. 空飛ぶタイヤ
    5. 粋な旋盤
    6. アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    7. 正欲
  8. 今年読んだ本~その他~
    1. 戦略プロフェッショナル
    2. 残業学
    3. 眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話
    4. アナウンサーの話し方教室
    5. いまこそ知りたいDX戦略
    6. 作曲少女シリーズ
  9. まとめ

機械設計者が読むべき本オススメ5選

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!

オススメ度★★★★★

メカ機構の設計で必ず直面する”具体的な課題”に対して、どのような考え方で解決したら良いかがわかりやすく解説してある本です。この本の面白さは、上司から与えられる具体的な課題から話が始まって、その後に体系的な技術の説明がある点です。この順番で説明があると、実際にこの知識を使用する場面がイメージしやすいので学んだことを実務に活かし易いです。更にこの与えられる課題が秀逸で、機械設計あるあるなんですよね。これから設計者を目指す人も、これを読めば設計業務がどんなものなのかよくわかると思います。もちろん現役設計者にもオススメです。昨年出版された前作と合わせて読むと、なお良いでしょう!

ちなみに私が前作を読んだ時は、読んだ1週間後くらいに全く同じシチュレーションの課題が降ってきました。「あっ、これ進研ゼミでやったところだ!」的なノリで的確に課題をこなすことができ、上司からの評価も上がりましたよ。この即効性・・素晴らしい!!

前作

はじめての治具設計

created by Rinker
日刊工業新聞社
¥2,420 (2022/07/01 04:14:35時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★★

多くの技術系ブロガーさんが『とにかくわかりやすい』と絶賛する治具設計の本です。私が読んだ感想も、皆さんと同じくとにかくわかりやすいです。当然わかりやすいだけではなく、かなり勉強になります。設計分野の中でも、治具設計ってかなりOJTに頼る部分が多くて、体系的に学ぶ機会はほとんどありません。そもそも治具を設計しないという設計者もいるかもしれませんが、治具設計の考え方自体が設計に活きます。サラッと読めるのに学びが多いコストパフォーマンス抜群のおススメ本です。

加工材料の知識がやさしくわかる本

created by Rinker
¥2,420 (2022/07/01 18:01:59時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★★

これも機械設計あるあるなのですが、材料の勉強もOJTが定番です。学生の頃は、機械材料学などで小難しいことは習うと思いますが、アカデミックな内容過ぎてあまり実務向きとはいえません。即効性のある材料の知識が欲しい方は、ぜひともこの本を読むと良いでしょう。部品の材料を決めるとき、なんとなく参考にした部品と同じ材料を選んでいませんか?この本を読めば、意味を知ったうえで材料を選定することができますよ。この本を参考にいくつか記事を書いてますので、興味ある方はどうぞ!

バーチャル・エンジニアリング-周回遅れする日本のものづくり-

オススメ度★★★★★

この本を一言で例えるなら、“衝撃”です。読み終わった瞬間は、それ以外の言葉は出てきませんでした。欧州で行われている自動車のバーチャルエンジニアリングの取り組みを中心に、これからのものづくりがデジタル技術でどのような変化を遂げるのかを書いた一冊です。この本は、日本のものづくりへ向けた警鐘でもあります。現場力頼み、擦り合わせ技術に拘り続ける日本のものづくりは今後も世界に通用するのか・・・この本の中での答えはNOです。それがなぜなのか、それはこの本を読んでみてください。

製造業系YOUTUBERのものづくり太郎さんが紹介したことで、Amazonから在庫が消え去るほどに流行った本です。ちなみに続編の本も2冊出ていますよ。続編に関しては、私はまだ積読状態ですが冬休みの読書として読もうと思っています。

図面って、どない描くねん!

オススメ度★★★★★

もはやド定番といっても過言ではない図面の教科書です。ずっと気になっていたのですが、なかなか読む機会が無く、今更ながら読みました。良い本なのはわかっていて読んだんですが、やっぱり良かったです。図面のルールって全てを学ぼうとしたらキリがないのですが、設計実務で必要なところが的確にピックアップされています。正直、新人の頃に読んでおけばよかったと思いました。これから設計者になる人や新人設計者にも特におすすめの一冊です。

さて、この記事で紹介した5選は、どれも設計者にとっては必読書といっても過言ではありません。私は自信を持ってそう言い切ります。まあ、今年のオススメ書籍はド定番のモノばかりなので、ハズレは無いはずです。気になったものがあれば是非読んでみてください。

さて、これで本編は終わり、ここからは完全におまけコーナーです。私が今年読んだ本に全てに独断と偏見のプチレビューをつけて紹介していきます。本当はオススメ5選に入れたかったけど、ギリギリ選考漏れのオススメ本も結構ありますよ。ちょっと辛口の評価もあるかも?あくまでも個人的な意見なのでお許し・・・では、早速いきましょう。

今年読んだ本~ものづくり関係~

ホンダジェット:開発リーダーが語る30年の全軌跡

オススメ度★★★

ホンダジェットの熱き開発史がわかる一冊。私がホンダ党だということもありますが、ホンダ関係の本は仕事のモチベーションを高めるのにうってつけですね。ホンダジェット開発者の藤野さんのモノづくり哲学やホンダジェット事業化までの血のにじむような苦労がまとまっています。私もこれほどに情熱をもって技術を追求したい!!

日本の航空産業

オススメ度★★★★

ホンダジェットの本を読んで、航空機産業の興味を持ったので読んでみた一冊です。東京大学工学部の人気講義を書籍化したもので、航空機の開発から航空業界のビジネスモデルまで浅く広く理解することができますよ。航空産業は現在、コロナ感染症の影響を受けて危機的状況が続いていますので、今後はこの本に書かれている常識が変わる可能性もありますが、知っておいて損はない内容です。

Myフライス盤をつくる

created by Rinker
¥4,180 (2022/07/01 21:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★

最高にマニアックな一冊。これさえあれば、自分でフライス盤を作ることが出来ます!果たして、そんなマニアックなことをする人が何人いるのでしょうか・・・、ニッチに刺さりすぎるDIY本です。かく言う私も、自分一人でオリジナルの工作機械を作ってみたいと思っている人間なので、その第一歩として買いました。この本通りに作っていけば、フライス盤は作れると思いますが・・・費用的にはかなり高額なものになります。私はもう少しコンパクトサイズのものを作りたいので、この本を参考にオリジナルの設計を進めようと思います。

町工場巡礼の旅

created by Rinker
¥838 (2022/07/01 16:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★

旋盤工作家として有名な小関智弘さんの名書。日本のものづくりの”強さ”と”抱える問題”が町工場視点で語られており、非常に勉強になります。執筆自体は古いですが、この本で語られる課題は今も尚、変わってないように思います。工作機械業界関連の方なら、必読書といっても過言ではないでしょう。強くおすすめします。

門田先生の3Dプリンタ入門

オススメ度★★★☆☆

今年は奮発して3Dプリンタを購入したのですが、その際に3Dプリンタを基礎から勉強するために読んだ本です。若干、内容が古いのですが、3Dプリンタの歴史から学ぶことができる本は少ないのでオススメです。なぜ、3Dプリンタが流行し始めたのか・・これはなかなか面白い話でしたよ。要約した内容は、下記の記事にかいてありますので興味ある方は是非ご一読ください。

マツダがBMWを超える日

オススメ度★★★☆☆

日本のものづくりの”ブランド戦略”にスポットを当てた本。高級品はなぜ高級品たりえるのか、なぜ日本からは高級品が生まれないのか。日本のものづくりが持つブランド戦略の弱さが良く分かりました。正直ブランドってお金持ちの道楽だと思ってましたが、そのあたりの価値観はガラッと変わりましたね。

はじめての工学倫理

created by Rinker
¥1,540 (2022/07/01 04:14:34時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

技術者として働く上で欠かせないのが、技術者倫理です。どんなに優れた技術を持っていても、その使い方を間違えたら意味がありません。しかし、倫理問題と企業問題は相反する時があり、技術者はしばしば板挟みとなります。そんな時、どんな判断をすべきか、あらかじめ練習しておくべきでしょう。そんな練習におすすめなのがこの本です。

ドローンの教科書

オススメ度★★☆☆☆

今年、ドローン検定3級を受験して合格しました。その時に使用した教科書です。ドローンの構造から法令に関する知識まで、広く浅く身に着けることができます。試験はほとんどこのテキストのままなので、受験したい方はこれだけ買えばOKです。教科書というよりは、問題集+解説って感じですが。

Small Factory4.0

オススメ度★★★☆☆

中小企業が自社内で取り組んだIoT化の軌跡。旭鉄工は今でこそ、IoT分野で有名ですが、そこにたどり着くまでの経緯が書いてあります。具体的なIoT導入方法は書いてありませんが、なぜ見える化が大切なのか、どう生かせるのかが良く分かります。結局、IoTシステム云々よりも社員のモチベーションや意識改革が重要なんですよね。それが良くわかりますよ。

絶対にゆるまないネジ

オススメ度★★★★☆

町工場のエジソンと呼ばれたハードロック工業の社長、若林克彦さんの著書です。関西ならではの明るさと勢いがあって、読んでいてい元気になれる本です。絶対にゆるまないゆるみ止めナット”ハードロック”がどのようにして生まれたのかも必見です。

アリエナイ工作事典

アリエナイ工作事典 (アリエナイ理科別冊)

オススメ度★★★★★

一言でいえば最高にクレイジー。頭のねじが吹き飛んだ技術者たちのDIY工作辞典。作り方や動作原理は、かなり細かく書き込んであり、非常に勉強になる。本の手順に従って、作れば同じものが作れるだろうけど、そもそも、こんなクレイジーなものを誰が好き好んで作るのだろうか。この吹っ飛び具合が最高な一冊。ものづくりってこうでなくちゃね!!

「食べること」の進化史

オススメ度★★★★★

一見、ものづくりと関係ないように思えますが、食と技術は非常に親密な関係にあります。もともとはフード3Dプリンタに興味があって軽い気持ちでこの本を読み始めたのですが、想像以上に深い話で思わぬ収穫でした。食のデジタル化、見える化、調理ノウハウの数値化・・など、調理業界が抱える問題や課題は、ものづくり産業が抱える問題と構造は一緒です。かなり勉強になったので、個人的なおススメ度はMAXです。

機械加工の知識がやさしくわかる本

created by Rinker
¥1,782 (2022/07/01 21:57:40時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

機械設計をするために知っておかなければならない機械加工の基礎知識が詰まっています。このシリーズの本は、非常にわかりやすいので全般的におススメです。特に新人やこれから設計者を目指す人は読んでおくとよいでしょう。私は工作機械の技術者なので、あまり目新しい学びはなかったので少し評価は低めですが、良書であることは間違いないです。

今年読んだ本~自己啓発本~

幸せになる勇気

created by Rinker
¥1,336 (2022/07/01 08:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

ド定番の自己啓発本ですね。アドラー心理学を有名にした”嫌われる勇気”の続編です。私がおススメするまでもなく、良い本です。

始めよう。瞑想、楽しもう瞑想。

オススメ度★★★☆☆

今年から始めたマインドフルネス瞑想。私は何事もまずは体系的な勉強から始めるタイプなので、瞑想関係の本を続けて2冊読みました。瞑想関係の本はスピリチュアル系な奴が多いので、なるべくそういうものは避けて科学的エビデンスがちゃんと載っているものを選びました。そういう意味で理系人間にはおススメの二冊です。瞑想は最近サボり気味なので、ちゃんと習慣化できるように頑張ります。

ファスト&スロー

created by Rinker
¥418 (2022/07/01 16:30:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥418 (2022/07/01 16:30:21時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

人間はどのように物事を考えて、意思決定をしているのか。人の意思決定は、想像以上にその時の気分やバイアスに左右される。思考・意思決定の原理がわかる一冊です。洋書特有の読みづらさや難しさはあるものの、シンプルに面白いのでおススメですよ。

「具体⇔抽象」トレーニング

オススメ度★★★

抽象を制すものが思考を制す!!物事を考える上で、”具体”と”抽象”を意識して捉えることが大切です。抽象化できなければ”物事の本質”は見えてきません。具体から抽象を抽出、抽象を具体に落とし込むなどのこの具体⇔抽象の変換こそ知的能力です。何言っているかわからないと思いますが、この概念は伝えるのが難しいんですよね・・・。とにかくこの本を読んでほしいということです。一昼一夜にして身につく能力ではありませんが、この世界を知ったら元の世界には戻れませんよ!

秋本治の仕事術

オススメ度★★★☆☆

美容室の待合でこち亀を読んだ影響で、なぜだか読みたくなった本です。こち亀の凄さは200巻という長さよりも、40年間休載なく書き続けたということだということがよく分かります。その継続力の元は何なのか、そういった仕事の哲学がわかる一冊です。

藤子・F・不二雄の発想術

created by Rinker
¥770 (2022/07/01 21:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★☆☆☆☆

上記の秋本先生の本に続いて、漫画家の仕事術が気になって読んだ一冊です。藤子不二雄先生に対する知識はついたけど、発想術かといわれると微妙な内容だったので低評価。あまりおススメはしませんね。

夢をかなえるゾウ

created by Rinker
¥805 (2022/07/01 21:57:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥805 (2022/07/01 16:30:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥805 (2022/07/01 22:41:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,564 (2022/07/01 21:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

ストーリー仕立ての自己啓発本です。突如現れたインドの神様、ガネーシャに引っ張りまわされながら、主人公は夢を叶えるために必要なことを学んでいくというコメディチックな自己啓発本。自己啓発の内容自体は、有名な自己啓発本の抜粋を具体的なアクションに落とし込んだものが多く、即実践可能なのが良いところ。読み物としても普通に楽しめるので、結構おススメです。

失敗の本質

created by Rinker
¥742 (2022/07/01 22:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

戦争の失敗を抽象化して、失敗の本質を学ぼうという本。この本に書かれている失敗の本質は、現代の会社組織でも起こりうること。というか、起こっていること。本の内容自体の読みにくさはあるけど、頑張って読んで損はない。オーディオブックで聞くと、かなり寝れるらしいので、ちゃんと本で読みましょう。(戦況の内容説明がかなり難しいんですよね・・・。)

人を動かす

created by Rinker
¥358 (2022/07/01 21:57:37時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

ド定番の自己啓発本の定番。人を動かすためには、心から人の話を聞いて、人に関心を寄せることが大切。この本の主張は至ってシンプルだけど、なかなか出来ていないのも事実。社会人なら読んでおくべき一冊だね。

一流の頭脳

created by Rinker
¥1,426 (2022/07/01 23:23:41時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

この本に書いてあることをシンプルに要約すると『ランニングいいぞということ。走ることがどれだけ脳に良いのかが、様々なエビデンスを元に語られている。しつこいほどに。まあ、運動に対するモチベーションは上がるので運動が続かないという方にはおススメです。普段から運動を習慣に取り入れてる方は特に読む必要はないかな。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980 (2022/07/01 07:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

本が目的というよりは、この本を買ってついてくるストレングスファインダー用のチケットがメインかな。ストレングスファインダーは、自己分析の一環としてやってみるべきだね。詳細は下記の記事にまとめてあるので、興味がある方はぜひご一読ください。

コンサル一年目が学ぶこと

created by Rinker
¥1,650 (2022/07/01 22:41:43時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

社会人の基礎がみっちりと書いてある本。コンサルというタイトルだけど、書いてあるのは社会人としての心構えとか仕事術の基礎がメイン。新社会人の自己啓発本としてはぴったりの内容だ。中堅社員が読みんでも、気づきがある内容だが早い段階で読んでおくのがおススメかも。

バカの壁

created by Rinker
¥594 (2022/07/01 16:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★☆☆☆

YOUTUBEで養老孟司さんの動画にハマっていたので、読んでみた本です。正直、何が書いてあったかほとんど覚えてない。ちょっと難しかったというか、しっくりこなかったなー。動画はで見た講演は面白かったんだけど。

今年読んだ本~プログラミング関係~

すっきりわかるPythonによる機械学習入門

オススメ度★★★★★

実際に手を動かしてPythonで機械学習を学べる本。内容はかなりわかりやすいのでかなりおススメ。ちょうど今取り組んでいる仕事で機械学習の話が出てくるので、プライベートで勉強しておいてよかったーと思っている今日この頃。

すっきりわかるPython入門

オススメ度★★★★☆

これもわかりやすい一冊。これだけでPythonが使いこなせるようになるかといえば全然そんなことはないんだけど、入門の一冊としては最適かも。

できるキッズ 子どもと学ぶScratch3 プログラミング入門

オススメ度★★★☆☆

ノーコードのプログラミングが学びたくて取り組んだ一冊。子供でも分かる内容で、サクッと流行りのノーコードプログラミングが体験できるのでおススメです。

たった1日で基本が身につく!Git超入門

created by Rinker
¥2,069 (2022/07/01 23:23:41時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

仕事でGitを使う機会がありそうなので、急いで勉強した一冊。この本を読めばGitの概要は理解できます。ただ、実際に運用してみないと使い方を身につけるのは難しそうかも。 

今年読んだ本~転職活動~

働くみんなの必修講義 転職学

オススメ度★★★★★

転職を学問として取り扱った一冊。転職に必要なマインドが良く分かる良書であり、かつ転職という文化の歴史や日本と他国の違いもよくわかる。転職活動をしようと思っている人は必読だね。

技術コンサルタントとして独立開業して年間1000万円稼ぐ方法

オススメ度★★★☆☆

独立ってどんなものなのか気になって読んだ一冊。タイトルは若干怪しいんですが、技術コンサルとして独立開業するためには、技術力はもちろんが営業活動やコネクション作りが大切だという内容のしっかりした本です。技術コンサルやるくらいの人は根っからの技術屋さんなので、そりゃ営業とかは得意じゃないよね。独立の大変さが良くわかる一冊です。

若者はなぜ3年で辞めるのか?

オススメ度★★★★☆

日本特有の永年勤続や年功序列、その前提が崩れ始めているのはなぜか。定期昇給や安定雇用の元に成り立っていたシステムが音を立てて崩れ始めている?ちょっと旧い本だけど、大きな企業からの転職を考えている人は読むと良いかも。

今年読んだ本~文章・ライティング~

沈黙のwebライティング、沈黙のwebマーケティング

オススメ度★★★★☆

ブログを始めようと考えている人は、まずこの本を読んでおいた方がよい。Webマーケティング、ライティングの基礎をストーリーに沿って学べる良書。肝心のストーリー自体は、良い意味で悪ふざけレベルの勢い任せ。そこが逆に面白いんだけどね。

20歳の自分に受けさせてたい文章講座

created by Rinker
星海社
¥924 (2022/07/01 18:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

ススメ度★★★★★

なんでも図解

オススメ度★★★★★

上記二冊は文章を学ぶのにぴったりの本です。こちらは別記事で紹介していますので、詳細はそちらを読んでみてくださいね!

今年読んだ本~小説~

削り屋

created by Rinker
¥500 (2022/07/01 01:06:57時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

鋳物屋なんでもつくれます

created by Rinker
小学館
¥792 (2022/07/01 23:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

下町ロケット

created by Rinker
¥554 (2022/07/01 02:12:26時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

空飛ぶタイヤ

created by Rinker
¥924 (2022/07/01 01:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

粋な旋盤

created by Rinker
¥369 (2022/07/01 02:04:18時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

ものづくり関連の小説です。仕事のモチベーションを上げるのにはもってこい!?別記事で紹介しているので、詳細は下記の記事を参考にしてください。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

created by Rinker
¥644 (2022/04/27 17:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

映画ブレードランナーの原作としても有名なSF小説です。アンドロイドと人の違いは何なのか、が主なテーマです。今後AI技術が発展してきたら人類はこの小説と同じ問題に直面するかもしれないですね。

正欲

created by Rinker
¥1,777 (2022/07/01 22:41:46時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★☆☆☆☆

今年話題になっていた小説。水に性的興奮を覚えてしまう人の話。訴えかけたいことはなんとなくわかるけど、あまり響かなかった。読んだ後も暗い気持ちになるので、あまり好きじゃないなぁ。

今年読んだ本~その他~

戦略プロフェッショナル

created by Rinker
¥1,267 (2022/07/01 22:41:46時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★★☆

経営戦略についてストーリーに沿って学べる本。出版はかなり古いけど、奥深い本だった。ものづくりって良い製品を作れば勝ちだと思ってたけど、どうやら違うらしい。戦略とはなにか、勝ち筋はなにか、絞りと集中とはなにか・・・、考えなければならないことってこんなにたくさんあるのか。

残業学

オススメ度★★★★☆

残業について、学問的にまとめた本。残業が持つ役割から問題、歴史まで広く学べる。残業を学ぶってのがなかなか斬新で面白い。この本はNoteでも紹介しているので、詳しくはこちらからどうぞ。

"残業"について本気で考えてみた|しぶちょー|note
本記事は、読書の質を高めるために始めた私なりの"読書アウトプット"です。本から得た知識・知見を深めるため、学んだことを私の言葉に置き換えて書き綴りたいと思います。今回のテーマはこちら!! 残業学~明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?~ (光文社新書) amzn.to 506円 (2...

眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話

created by Rinker
¥842 (2022/07/01 18:02:05時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★☆☆

脳の仕組みがわかって面白かったけど、眠れなくなるほどではなかった。

アナウンサーの話し方教室

created by Rinker
¥673 (2022/07/01 21:57:46時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★☆☆☆

音声メディアに手を付けたくて、しゃべり方から学ぼうと思って読んだ一冊です。肝心のVoicyの審査が通らず、お披露目する機会は訪れなかったけども。まあ、音声メディアはVoicyに拘らず別の媒体でもいいんだけどね。

いまこそ知りたいDX戦略

オススメ度★★★★☆

DXというけど結局どういうことなのか、学びたくて読んだ一冊。DXとは何なのか、実現するために必要なことや障壁は何か、戦略はなにか・・・奥深きDXの世界を学べる。実際にDXで成功した会社の事例も紹介されているので、かなりわかりやすいかった。

作曲少女シリーズ

created by Rinker
¥1,496 (2022/07/01 23:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★☆☆☆

ラノベ小説から作曲が学べるという本。完全に趣味本ですが読んだので一応紹介します。音楽をやっているので2021年は曲を作ろうと思ってたけど、結局できなかった。来年こそは・・作曲少女はまだ良いけど、作詞少女はラノベ感が強すぎて読んでいてキツかった。

まとめ

こうやって振り返ってみると、色々なジャンルの本を読み漁ったなーという感じがしますね。皆さんも是非、今年読んだ本を振り返ってみてください。読みっぱなしは良くないのですからね、振り返りやアウトプットが大切です。

今年はNoteで読書アウトプットをしていこうと思ったのですが、なかなか時間が確保できずに、まだ一記事しか書けていません。来年からは定期的に書けるようにしていこうと思います。

とにかく、隙間時間があれば本を読んでいたのですが、それもこれも電子書籍リーダーのおかげです。KindlePaperwhiteはおススメなので、来年は本をいっぱい読もうと思っているなら絶対に買いですよ。最近モデルチェンジして、ちょっと性能上がったみたいですしね。まあ、スマホと比べてもっさりしていることには変わりありませんが・・・。

年末も時間があれば、積読してある本を読み進めようと思っています。今回紹介した本で気になるものがあれば、ぜひ年末のお供にしてみてくださいね。それでは、良いお年を!!

タイトルとURLをコピーしました