材料

材料に関する記事です。

材料

話題の新材料ATHIUM(アシウム)を考察しよう!!

2020年の年末、工作機械メーカーである“牧野フライス製作所“が工作機械の構造体用の新材料を開発したと発表しました。その名もATHIUM(アシウム)。まだほとんど情報がありませんが、現在発表されている情報を元に、この新材料について色々と考察していきたいと思います。AHIUMとは、AHIUMの凄さ、アルミ鋳物、メリット、デメリット・・・etc
材料

実務で役立つ”非鉄金属”の基礎

金属の代表といえば"鉄"ですよね。世の中の部品の約90%に"鉄"が使われています。鉄ではない金属は"非鉄金属"と呼ばれ一括りにされます。しかし、この非鉄金属達・・侮りがたし。鉄にはない面白い物性をたくさん持っています。本記事ではそんな非鉄金属の種類や特徴をわかりやすく紹介していきます。非鉄金属とは、アルミニウム、銅、ジュラルミン、純銅、黄銅、ベリリウム銅、りん青銅・・・etc
材料

実務で役立つ”合金鋼”の基礎

合金・・・・男の子であればこの響きだけでワクワクすること間違いなし。合金=ロボットみたいなイメージを持っている人も多いのでは?男のロマンの話は一旦置いておいて、合金って一体何なのか?ということを本記事で正しく学びましょう!!合金鋼とは?、ステンレス鋼、機械構造用合金鋼鋼材、合金工具鋼、ハイテン鋼、超硬合金、SCM、SUS、SKS・・・etc
材料

実務で役立つ”炭素鋼”の基礎

世の中にある機械や部品の約90%は"鉄"で出来ています。故に、ものづくりに携わる上で、鉄への理解は必須です。必修科目と言っても過言ではありませんよ。本記事では、鉄の中でも最も使用頻度の高い”炭素鋼”についてわかりやすくまとめました。きっと実務に役立つはずです。炭素鋼とは、合金鋼、鋳鉄、5大元素、SPHC、SPCC、SS材、S-C材、SK材、S45C、SS400・・・etc
"誰でもわかる"シリーズ

誰でもわかる”材料物性”の基礎の基礎

身近の"材料"や"材質"って気にしたことありますか?材料は身近であるにもかかわらず、案外気にされないものです。しかし、材料の進化が技術の進化に直結するのもまた事実。本記事で、材料物性の基礎を体系的に学びましょう。具体的な材料は一旦置いておいて、材料物性のみにフォーカスしてわかりやすく説明しますよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました