すごいぞ!! “町工場”とクラウドファンディング

ものづくり技術

“クラウドファンディング”は、インターネットを使った資金調達方法の一つです。クラウドファンディングを使うことで、誰でも手軽にチャレンジに対する出資を募ることができます。前回の記事では、そもそもクラウドファンディングとは何なのか?またクラウドファンディング発の工作機械を紹介しました。お時間あれば、本記事と合わせてご一読ください。


さて本記事では、クラウドファンディングを使った“町工場の取り組み“を私の独断と偏見で紹介していきます。自社で培った加工技術を活かした面白いプロダクトが盛りだくさんですよ。アイディアと技術の融合、ワクワクしますよね。何か、皆さんのチャレンジや創造のヒントになれば幸いです。

プロダクトの紹介

自社の技術力アピール、ものづくり技術の普及、町おこし・・・・等、町工場でもクラウドファンディングを使った様々なチャレンジが行われています。町工場と一口に言っても多種多様ですが、本記事では切削系の工作機械を使った工場と定義し、そこにフォーカスして紹介していきます。まあ、深い意味はなく、単純に私が切削系の工作機械を設計している設計者だからです。

誤解の無いように言っておくと、これらは私が勝手に紹介しているだけです。特に依頼があったわけでも、お金をもらっているわけでもありませんよ。では、さっそく紹介していきましょう。

ペン回し用ボールペン Gyro(ジャイロ)

画像引用:Makuake


-回せ、話はそれからだ

この渋い謳い文句と共に登場したのは、ペン回し専用ボールペン”ジャイロ”。皆さんも学生の頃、指先でクルクルとペンを回す”ペン回し”やったことありますよね?このペンはペン回しの為だけに設計・製作された究極のペンです。もちろん、ペンとしての書き心地、デザインにも一切の妥協なくこだわり抜いて作り上げられています。

材料はA7075(超々ジュラルミン)で、一本一本が旋盤による削り出しで製作されています。何たる贅沢でしょう。贅沢故に値段も高めで一本15000円程度。それでも回し心地が気になってしまいますよね、初代Gyroは既にファンディングを終了していますが、2020年の年末に更に進化したGyro Proを発表され、ファンディングを開始しました。3月下旬までは受け付けているみたいなので、手に入れるチャンスはまだありますよ。興味があれば、下記のリンクから是非覗いてみてください。

●Gyro (ファンディング終了)

Makuake|くせになる回し心地。0.001mmまでこだわった傑作。町工場が提案するボールペン |Makuake(マクアケ)
               世の中に溢れるペン回し用のペンは回しにくい! 真の回し心地を極めたペンでのみ得られる全能感を知ってほしい―― そんな思いをプロジェクトに乗せ、 私たち湯本電機は30年間培ってきた切削加工技術を応用し、 究極の回し心地にこだわったボールペンの製作に挑戦しま...

●Gyro Pro(ファンディング受付中)

Makuake|加工職人とペン回しプロが作り上げる 回すためのボールペン【GYRO PRO】|Makuake(マクアケ)
⬢Gyroとは 2年前、大阪の小さな町工場で誕生。

●湯本電機株式会社HP

湯本電機株式会社
プラスチック加工、樹脂加工に特化した専門チームです。最短2時間以内で素材選定や最適加工法の提案、見積を致します。短納期、高品質に定評があり、全国からご支持を頂いております。プラスチック加工をお考えなら湯本電機ウェブサイトを御覧ください。


振動系ハンドスピナー OSCILLO(オシロ)

画像引用:Makuake

数年前に流行したハンドスピナーの進化系。それがOSCILLOです。ハンドスピナーはどれだけ滑らかに長時間回転するかが重要でしたが、このOSCILLOでは敢えて回転体の重心を回転中心からズラして設計しています。故に、回転させたときに心地の良い振動が発生するようになっています。

当然のことながら振動するため、回転の持続時間は短くなってしまいます。ハンドスピナーとは違い、振動そのものを楽しむ玩具なので、それでも問題はないのでしょう。結構古いプロジェクトなので現在購入できるかどうかはわかりません。

それにしても、あのハンドスピナーブームって一体何だったんでしょうね。私も何度か回してみましたが、その面白さはあまりわかりませんでした。このOSCILLOなら、少しはハマるかも??

●OSCILLO (ファンディング終了)

Makuake|この振動がたまらない。町工場が本気で考えた新しい考え事ツール【OSCILLO】|Makuake(マクアケ)
私たち藤原産業は産業機器の製造をしております。 前回のプロジェクトにて(2017年12月にローンチ)、ハンドスピナー制作に挑戦させて頂きました。 沢山の皆さまから応援いただき4,049,430円のご支援を頂きました。誠にありがとうございます。 今回はその経験を生かし、ちょっと変わった製品を提供...

●AUTOLAB HP

Home
事業概要


ベアリング入り二重振り子 混沌(カオス)

画像引用:Makuake

これもまた、ハンドスピナーの進化系です。カオスの名に恥じぬ、複雑な軌跡を描く2重振り子です。手で回すわけではなく、置いた状態で楽しむオブジェのようなものですね。振り子の先端にはLEDが付いていて、カメラで長時間露出撮影を行えば、上記のような幻想的な写真を撮ることができます。用途としてはかなり尖った製品ですが、そのあたりが流石はクラウドファンディングって感じですね。

精度にはかなり拘っているようで、これまた部品は全て削り出し。ベアリングもベアリングメーカとして有名なNSK(日本精工)がヨーヨー用に設計したものを採用。相当のこだわりです。何に使えるかと問われるとなんとも言いずらい製品ですが、またそこが良いですよね。まさに無駄に洗練された無駄のない製品です。

ファンディング自体は終了していますが、現在は商品化したものを購入することができるようです。

●混沌(カオス)

Makuake|ハンドスピナー進化系?自在に組替可能 町工場での金属削り出し 国産カオスメーカー|Makuake(マクアケ)
先の読めない混沌とした今の時代にこそカオスメーカーによる快感を 振り子の先端にもう一つの振り子を追加した二重振り子は物理学のカオス現象(予測不能な物理現象)の動きを体感できます。 2度とは見せない動き、先の読めない動きを作り出すことができる快感のガジェットが、カオスメーカーです。 新し...

●ミツミ製作所

ミツミ製作所|金属切削加工.CNC自動旋盤
金属・非金属の切削加工を中心とした葛飾区の町工場です。


コロナ対策 タッチレスフック

画像引用:キャンプファイヤーReadyfor

コロナ感染症の影響で社会全体が”触れる”ということに関して、かなり慎重になっています。ドアノブ、吊皮、押しボタン・・・等、公共の場にも不特定多数の人が触れるモノがたくさんありますよね。そんな時に使えるのがこの”タッチレスフック”です。

このフックを介して触れば、直接触る必要がなく衛生的です。同じようなフックが2社から出ています、材質はそれぞれチタンとマグネシウム。チタンの方はかなりスタイリッシュな印象で、男心をくすぐります。マグネシウムの方は猫をモチーフにした可愛らしい形状で、プレゼントにピッタリかも?

既にファンディングは終了しているので、現在入手可能かどうかわわかりません。個人的な感想を言えば、金属がむき出しなので、吊皮やボタンなど公共のモノを傷つけてしまわないか心配です。接触部分には樹脂材を埋め込むなどの配慮があると尚よい製品だったのではないかと思いますね。

●elghT(エイト)(ファンディング終了)

町工場が手がける、一生モノのチタン製コロナ対策フック!
電車通勤、その他毎日の生活をコロナウィルスから守るフックを40年以上の経験と加工実績のある町工場からお届けします。素材にはとても錆びにくくしかも頑丈なチタンを採用。あなたの生活になじみ、一生使っていただける、そんな製品に仕上げました。

●藤恵工業株式会社

藤恵工業株式会社 NC旋盤・マシニングセンタ・精密切削加工(千葉県柏市)
NC旋盤・マシニングセンタ・精密切削加工のことなら藤恵工業にお任せ下さい!千葉県柏市を拠点とする「切削加工」に特化したものづくり企業です。創業40年間培ってきた技術力と圧倒的な営業力がウリ!…



●マグクリーン(ファンディング終了)

驚きの15g!タッチレスでウイルス対策 マグネシウム製フック - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
Withコロナ時代に、自分と大切な人を守るための新たな習慣を町工場から発信。電車などで使える超軽量のコロナ対策フックをお届けします。 - クラウドファンディング READYFOR

●株式会社キョーワハーツ

株式会社キョーワハーツ|板バネ(板ばね)・絞り・精密プレス加工
板バネ加工を得意としています。手作り試作から、精密順送金型による精密プレス加工まで。「薄い、小さい、細い」製品が得意で、携帯電話・パソコン・コネクター部品などのコンタクトや板バネなどは特に得意な分野です。順送絞り加工など新しい技術にも取り組んでいます。


無水調理器鍋 ベストポッド

画像引用:Makuake

話題の無水調理鍋です。これは多くのメディアで取り上げられているので、かなり有名ですよね。食材自体の水分で調理ができるため、余計な水分が要らず、旨味を逃がすことなく調理ができる魔法の鍋です。構造の秘密は鍋の気密性にあるんです。なんとこの鍋は、蓋と鍋の寸法を旋削加工で仕上げて管理しているんです。故に鍋と蓋の気密性が高まり、素材の持つ水分だけで調理ができるというわけです。まさに町工場の技術が光る一品ですね。ファンディングは既に終了していますが、現在では製品化したものを購入することが可能です。

同じような製品に“バーミキュラ”という無水調理鍋もあります。何かのテレビ番組で特集を見ましたが、こちらも蓋と鍋をガッツリ旋盤で旋削加工してました。こういう細かい部分の拘り、渋いですよね。

●ベストポット

Makuake|四日市の技術をかけ算。土と鉄とが響き合う、水を使わない鍋・ベストポットが新登場!|Makuake(マクアケ)
「おいしく食べてもらいたい」「作ったものは残さず食べてほしい」「健康になってもらいたい」……。 食べものの味はもちろんのこと、作り手が料理に込めたそんな想いも逃がすことなく調理できる鍋をつくりたい、という思いを出発点に完成までたどりついたのが今回ご紹介する「ベストポット」です。 ...

●株式会社中村製作所

精密 部品加工 研磨加工 研削加工 立型研磨機 高精度加工 治具加工の中村製作所



●バーミキュラ(参考)

手料理と生きよう。 | Vermicular(バーミキュラ)公式サイト
素材本来の味を引き出す鍋を目指して、メイドインジャパンの圧倒的な技術力でつくられた鋳物ホーロー鍋、Vermicular(バーミキュラ)。使えば料理が楽しくなる。手料理をしたくなる。これは、あなたの暮らしや生き方さえをも変えていく画期的な鍋なのです。


金属削り出し食卓インテリア seSSaku

画像引用:Makuake

切削加工が作り出す美しさを生かしたテーブルインテリア。金型は使用せず形状から細かい模様まで全て、“切削”で作りこむ拘りよう。切削に対する愛を感じますね。箸置き、小皿、グラストレイ。どれをとっても一級品であることは間違いないです。切削加工を愛するものとしては、是非とも手に入れたい一品。切削を機能として生かすのではなく、意匠として生かすというアプローチは他の製品にはない斬新なアイディアです。特別な日のプレゼントにピッタリかも。

現在ではファンディングは終了していますが、製品化したものを購入することは可能です。

●seSSaku(セッサク) (ファンディング終了)

Makuake|金属の塊から削り出す、これまでにない食卓インテリア~seSSaku(セッサク)〜|Makuake(マクアケ)
~seSSaku~ 切削加工が生み出す、高級感と日常の共栄を目指すKitchen Interior 〜切削加工による魅せるKitchen Interior〜 私たち石井精工は、 ゴム成形用金型の設計・製造とゴム成形のサポートを主とする 金型技術・切削加工のプロ集団です。 ...

●seSSaku 公式HP

sessaku powered by BASE
seSSakuは、高級感がありながらも日常の中で溶け込めるようなデザインをしたプロダクトです。製造業の中で使われている切削加工という加工方法で作られている商品で、繊細な加工が表現するデザインを是非楽しんでください。


まとめ

少し駆け足で紹介してしまいましたが、如何だったでしょうか。どの製品も“削り”を生かした素晴らしい製品でしたね。どうしても割高になってしまうのはご愛嬌、それだけ手が掛かっているということでしょう。

個人的にはペン回し用ボールペンGyro食卓インテリアseSSakuが気になってます。どちらも高いし、絶対に必要なものではないんですけど・・・面白味があって惹かれてしまいますね。それがまさにクラウドファンディングの魅力なのかもしれません。

もし私が好きそうなプロジェクトがあったら是非教えてくださいね。気に入れば、支援しますよ・・・お小遣いの範囲で!!

タイトルとURLをコピーしました